よくあるご質問 & TIPS

家づくりをすすめる上でのよくあるご質問やお役立ち情報をまとめています。

大手ハウスメーカーと地元の住宅会社の違いって?

家づくりは「大手のハウスメーカー」か「地元の住宅会社」のどちらかに依頼することになります。どちらに頼めばいいんだろう、と悩んでいる方もいるかと思いますので、それぞれの特徴・違いを紹介します。

大手ハウスメーカー

全国展開している住宅会社で、広い営業エリアを持ちます。

建材の自社生産や商品開発を行い、コスト削減や性能の強化を図っています。また、大手企業独自の技術仕様で差別化を図っていることもあります。

施工は地元の協力工務店などが担当することもありますが、自社の工事チェック体制を確立しています。住宅の仕様は、メーカーが指定する構造や工法、建材や建具の中から選ぶのが一般的です。

地元の住宅会社

営業エリアが限定的で、地元密着型経営が多いのが特徴です。

ハウスメーカーと比較して家づくりの自由度は高く、設計~施工までを一貫して依頼できるのが特徴です。地元密着であるため、地元の気候・風土にあった家づくりが得意です。

また、担当者の転勤も少ないので、担当と長く付き合うことも可能です。

複数の担当者とあってじっくり検討するのがおすすめです

どちらがよい、優れているということはありません。 また、担当者によっても差が出やすいのが家づくりです。家づくりを依頼する会社とは一生のお付き合いになると思いますので、複数の担当者と会って話してみて、じっくり検討すると良いでしょう。